日本を壊す安倍首相

  安倍首相の政治手法は、とにかく目立ちたい、ということだろう。毎年のようにスローガンを掲げ、出来たかどうかの検証はせず、翌年にはスローガンの架け替えを行う。検証すれば殆ど出来ていないのだが、安倍さんはマイナス部分は決して受け入れようとしない。何事によらず、決して自分では責任を取ろうとはしない。せいぜい口先で責任を感じていると言うだけである。物事を深く考えることが苦手な安倍さんは、実行しようとする政策も、日本をどのようにしたいのかという展望からではなく、目立つところを、このようにやってます風に取り組んでいるだけだろう。目立たなくても、国の基礎となるような部分にしっかりと予算を使って欲しいものだ。目立つことだけやっていては、日本という国の存立基盤がどんどん蝕まれていくような気がする。

  安倍さんはいろいろな分野で日本を壊してきた。安倍さんを見ていると、手元の手柄は自分の手に、不都合な部分は先送り。あたかも自分の政策が上手くいって日本は良い方向に進んでいる、というように見せようとしている。しかし、誤魔化されてはいけない。現実はどうなのだろうか。よく見極めなければいけない。不都合な現実が積み重なって、今にも崩壊するかも知れない状況が近づいている。

  目に見えて悲惨な状況になっているのは政治の状況であるが、その他にも問題は山積している。特に財政状況は危機的状況になってきているにも拘らず、景気が落ち込まないように、相変わらず歳出拡大を進め、収支改善を進める気は全く見えない。また、人口減少にも歯止めがかからず、本格的な解決策を考えることもなく、高齢者人口の食い延ばし策を言うのみである。また、各種政策共通しているのが、目に見えるように上位数パーセントに対する優遇策で、全体の好調を演出している。しかし、それ以下の部分については置いてけぼりにし、いろいろな部分で格差が拡大している。産業界では大企業優先で、中小企業が疲弊し、どんどん減少している。個人の所得格差もますます拡大している。

  公的資金を利用した株式市場での株価の買い支えにより経済の好調さをアピールしたり、日銀の国債買い上げで債券市場での金利の抑え込みを図り低利での国債の発行を可能にしたりしている。今や日銀は上場企業の約4割で上位10位以内の大株主になったという。さらに政府主導で格式購入している郵貯やかんぽ、年金などを加えれれば、もっと大きな数字になるだろう。大手企業の国有化を進めているわけではないだろう。

  他方、外交が得意だと思っている安倍さん。中国に対抗して、世界中に経済援助と称して資金をばら撒いてきた。これらの資金は日本には戻ってこない。費用対効果を考えず、ただのばら撒きなら、受け入れ国側はいつでも歓迎だろう。それを外交だと思っているところに安倍さんの手前味噌的感覚がある。外交的感覚の無さがそうさせるのだろう。資金をばら撒く一方で、米国に対しては隷従している。日本は独立国の筈だが、表向き今は廃止されているという米国からの年次改革要望書に沿った要望を、国内の反対の声には耳を貸さず、立法化によって次々と実現している。また、米朝会談でのトランプ米大統領の言動に右往左往した安倍さんの姿は、世界中に恥を晒した。それを本人は恥ずかしいとも何とも思っていないようで、相変わらずのトランプさんの後を追うことに精を出している。

  このまま進んだら日本はどうなるのだろう。安倍さん、もう手遅れかもしれないが、もっと学習して出直したらどうだろう。

一党独裁のつもりですか

  自民党一党独裁のつもりなのだろうか。言論の府である国会での法案審議でも、一応野党に言いたいことは言わせてあげる。しかし、それに対して真剣に答えようとはしない。法案の疑問点を問い質しても、裏付けなど必要ない、我々が良いと言っているのだからと、言を左右して質疑にならない。党首であり権力を握っている安倍首相の対応と同じになってしまっている。議論の出来ない安倍さんは、国会答弁でもまともな議論にならず、一方的に自分の言い分を述べるだけで押し通している。それと同じように、法案の内容を修正する必要はないし、疑問を持つ方がおかしいのだから、答える必要はない、と言わんばかりである。

  多数を持っていれば何をしても良い、というなら、国会での審議など必要はない。自分たちのやりたいことを、やりたいようにやれば良いだけである。民主主義の前提は、幅広い意見を出し合い、議論を重ね、より良い結論を導き出す。最終的に折合いのつかない部分については、止むを得ず多数決で決める。ということだろう。多数決でやって良いことと、多数を持っていてもやってはいけないことがある。多数派はその区別をしっかりわきまえていなければなるまい。それを自分たちの意見が絶対。異論は無視する。結論ありきで国会に提出するでは、民主主義も何もあったものではない。正に一党独裁と同じ状況を作り出している。

  自民党は、国会の基本である選挙制度を、自分たちの都合の良いように改正しようとしている。数年前、参議院議員定数の一票の格差を多少でも是正しようと、与野党で協議して導入した合区について、実質的に効力を無くす方向で定数増加をしようとするものである。合区した選挙区はもともと自民党が強い選挙区で、合区により自分達が不利益を受けた。その不利益を回復しようとする、全く以て自分勝手な自分たちによる、自分たちの為の改正である。こんなことを平然と、自民党自民党の言いなりで主体性のない公明党を除き、維新の会でさえ反対するこの法案を、まともに国会での審議もせずに強行成立させようとする姿勢は、口には出さないものの、問答無用と言っているのと同じだ。

  こんな異常事態を生み出している安倍内閣の支持率が、徐々に上向いていることに、日本沈没の危機を感じる。安倍内閣を支持する理由の内訳の最大理由が、いつの、どこの調査でも、他よりよさそう、なのは、政治的無関心が広がっているからなのだろうか。他よりは何と比較しているのだろうか。具体的比較対象は想定していないのだろう。しかし、自民党内を含めて、安倍さん以外の誰が政権を担っても、安倍さんよりはまともな政治が出来ると思う。

  こんな政治状況が定着したら、日本は悲惨な状況になるのではないかと思うが、どうだろうか。

災害対策にどう向き合うのか

  西日本を中心に、広域豪雨で甚大な被害が出ている。これまでの集中豪雨でも大きな被害が出ていたが、今回の豪雨による被害は、これまでとは比較にならない程大きな被害になってしまっているようだ。毎年のように繰り返される集中豪雨や台風による被害。近頃の異常気象が常態化している状況からは、今回のような自然災害も決して珍しい事では無くなるのかもしれない。それに対する対策はどうなっているのだろうか。

  国民の生命と財産を守るために最善を尽くす、と事あるごとに言う安倍首相。今回の事態をどう感じるのだろうか。いつものように、復旧に政府を挙げて全力で取り組む、というような第三者的なコメントで終わりにするつもりなのだろうか。一段落したら被災地を視察とか言って、一応それなりの格好をして、大勢引き連れて、避難所にちょっと顔を出し、被災地を大名行列の如く、練り歩くのだろうか。それが首相としての対応というなら、それは違うだろう。

  国民の生命と財産を守れなかったことに対するお詫びの言葉が先ずあってしかるべきだろう。その後で、復旧と被災者の支援に国を挙げて取り組む決意を述べるのだろう。これほどの事態になってしまったら、県や市町村レベルでの復旧支援は無理、ましてや、個人の財産だから個人で、というようなことでは復旧は不可能だろう。全面的に国が関わるしかないと思うが、どうするのだろう。

  国を預かる身として安倍さんは、自然災害に対して今後どうするか、治山治水など、各種自然災害の防災対策をどうやって進めるか、語るべきだろう。早急に実効性のある対策が出せるような、結論ありきの仲間内でなく、真の幅広い有識者を集め、継続的に検討するような会議なりを立ち上げて、真剣に検討して欲しいものである。もう地方自治体主導ではなく、国が先頭に立って防災計画を立て、実行する段階に来ているのではないか。

  予算にしても、今まで治山治水、自然災害対策に幾ら使って来たか知らないが、国民の生命と財産を守るためと、防衛関係では戦闘機など各種の装備購入に、数百億円、数千億円単位で使われている。同じように国民の生命と財産を守るためなのだから、国が主導して毎年、数百億円、数千億円規模の国家予算を確保し、治山治水、自然災害の防災対策に使うのも当然のことだろう。

  安倍さんは地球儀を俯瞰する外交、とか言って多くの国に行っている。しかし、その外交の中身が経済援助のばら撒きでは、何のための外国訪問なのかわからない。河野外相も安倍さんを真似てか、もっといろんな国に行きたいとか言っているが、二人で外国に経済援助をばら撒くほど日本には余裕は無い筈である。この度の豪雨災害のような大きな自然災害の防災対策の様に、もっと国内にお金を必要としていることがたくさんあるのだ。予算が無いからできない、というのは言い訳に過ぎない。待ったなしで手を打って、今後はこのような自然災害が起きないような対策を切望するものである。

変になってしまったのか日本

最近約10日の出来事

  ・財界、経団連の為の、働き方改革関連法がまともな審議もせず採決を強行して成立

  ・改憲勢力の一翼の維新の会と米国カジノ業者の為の、カジノ法案を今国会で成立させるため、参院で審議入り(正面突破で成立させる予定)

  ・自民党議員の不満解消と自民党議席確保の為の、参院議席6増の公職選挙法改正案

     を今国会で成立させるため、参院で審議入り(正面突破で成立させる予定)

  ・加計学園加計理事長、先の記者会見もどきを虚偽羅列の理由にして、記者会見を正式に拒否する旨、地元の記者クラブにFAXで通知

  ・原子力規制委員会、東海第二原子力発電所が新規制基準に適合したことを示す 「審査書案」を了承

  ・名古屋高裁金沢支部関西電力大飯原発3、4号機の運転差し止めを命じた一審判決を取り消し

 

  日本の政治は一体誰の為の政治なのだろうか。政治は国民の為に行われる筈なのに、現実は、権力を持つ安倍さんの取り巻きの為に政治を利用されてしまっているようだ。また、疑惑にまみれた似非教育者は何も語らず全て黙殺。事に当たっては力技で押し切る、というのが安倍さんとその仲間たちの共通方式のようだ。安倍さんの人事によって選ばれた人々は、各方面で権力迎合にその力を発揮しているようだ。原子力を扱っていても、もう福島は無かったことにして、新たな原発神話を作ることに懸命になっている。

  こんな中、地検特捜部が文科省の局長を贈収賄で逮捕した、と大々的に報じられた。何があっても政治家が責任を取らない今の政権は、局長の任命権の責任を取るつもりはないだろう。しかし、政権がらみではない、局長の独立した犯罪には特捜部がこれだけ熱心なのに、政治家が絡んだ森友加計問題では及び腰で、起訴すらできないとは。

  権力者の顔色を窺って動いている公的立場の人々は、何が大事なのだろうか。一部権力者の思い通りに動かされている今の日本は、この先どうなるのだろうか。しかも、こんな状況を作っている内閣の支持率は、下げ止まりから回復傾向という。政治のレベルは国民のレベル、と言われるが、やはり国民の政治に対する意識が低い表れなのだろうか。

  もし、国民の政治意識の低さがあるとすれば、これは戦後、自民党政権が長期間政権を担ってきた間の、国民の愚民化政策の成果なのだろう。小学校から高校まで、学校で政治に関する教育は避けてきた。政治について考えるような授業はできないような学習指導要領で授業が行われてきたため、生徒児童が自主的に政治について考えることから遠ざけられてきた。

  いろいろなことを考える国民は権力者にとっては邪魔者以外の何物でもないだろう。耳ざわりの良い政策を並べ、耳ざわりの良い成果のみをアピールしていれば支持を得られる、ほど国民は甘くない。日本という国を、おかしな国にしてはいけない。

議論したくない安倍首相の本音

  国会での党首討論会が荒れている。27日の党首討論会で安倍首相は、「本当に歴史的な使命が終わってしまったなと思った。」と言ってのけた。言論の府である国会での党首討論会である。歴史的使命云々などではなく、終わりがあるわけはない。これは、前回の党首討論会の後、立憲民主党の枝野代表が「意味のないことをダラダラしゃべる首相を相手に、今の党首討論はほとんど歴史的意味を終えた」と述べていた。これを受けての発言と思われるが、こんなことを言わせたのは、安倍さん、あなたなのです。

  通常の国会での質疑も同じことが言えるが、とにかく安倍さんは議論が出来ない。議論の前提である、質問されたら、質問に対して答える、という基本的なことが出来ていないのである。特に、党首討論会のような一問一答になると、こうしたことが出来ない、ということを隠しようがなくなる。質問に対してまともに答えず、質問をすり替えて、聞かれてもいないことをだらだらと述べるか、自説を延々と述べるかに終始する。

  党首討論会を含め、国会の審議は与野党に質問時間が割り振られ、その中で質疑を行っているという。しかも、質問時間と言っても、質問に対する応答時間も質問者の時間に計算されるという。従って、された質問に関係のないことを延々と述べれば、質問時間を減らすことが出来るという。安倍さんは、そこを狙って意識的にやっているのかとも思うが、どうやら本質的に議論の何たるかが分かっていない様である。

  安倍さんは論点をすり替え、枝野さんも言っているのだから、と言いたいようだが、枝野さんの言は、安倍さんがこんな姿勢では、と、今の、という条件付きの話である。党首討論会なのだから、くだらないことを言わずに質問にきちんと答えて行けば、まっとうな政策論議が出来るだろう。時間が足らなければもっと長時間にすればよい。更に、質問時間の割り振りなどせず、次々と一問一答で進めて、何周でも質問すればよい。余計なことは言わず、聞かれたことに返答していく、という進め方をすれば、時間も有効に使えるだろう。順番の中に安倍さんも入れて野党党首に質問をぶつければ良い。

  党首討論会なのだから、安倍さんは首相ではなく、自民党総裁として出席しているのである。普段は行政府の長として出席しているから、と逃げを打っている事柄も、ここでは逃げられない。正々堂々と議論が出来るではないか。自分が議論できないからと、なるべく議論をしない、議論をさせない、議論の場を減らす、では、言論の府たる国会を正に形骸化しようとしているとしか思えない。

  自分が正しいことをしている、と思うなら、正々堂々議論を尽くせば良いだけのことである。日本語がきちんと理解できるなら、国会なり党首討論なりの議事録を文字で読んでみるとよい。如何に質問者の質問と自分の回答が噛み合っていないかが良くわかると思う。それを読んで、議論の仕方をよく勉強して欲しい。国会では、小学生の手本になるような議論をしてほしい。今の状態では、小学生には反面教師としてしか見せられない。

不誠実な安倍政権

  会期延長された通常国会が延長に入って、参議院予算委員会での集中審議があった。野党からは森友、加計問題で安倍首相を追及する構えであったが、安倍首相は相変わらずノラリクラリどころか、全く野党側の質問に答えようとしなかったようだ。麻生さんも派閥の会合で延長国会はサッカーのロスタイムのようなもの、と揶揄する始末。自民党が予定している法案の採決に向けて、如何に法案の審議を深めるかというより、ただ内容は不要、審議時間の実績を作るための延長国会、と割り切っている様子。国会は国権の最高機関で国民の代表が国政を審議する場、であるのに。

  なぜ安倍政権はモリカケ問題を国会で審議したがらないのか。審議すればするほど安倍さんの関わりがハッキリしてしまうからだろう。今回も2通の新たな文書がでてきた。しかし、それらに対しては、出処が不明であるとか、内容が良くわからないなどと質問に答えようとせず、調べてみようという姿勢も見せなかった。正に門前払いである。

  安倍さんに質問が行くと決まり文句のように、コメントする立場にない、政府の代表としてここに立っているので、私が答えるのは適切ではない、と言って逃げる。本当にそうなのか。コメントする立場とはどんな立場か。行政府の長として、モリカケ問題は税金の不正使用に絡む話である。税金を使う側の行政府の長が使い方を疑われているのに、それでもコメントする立場にないという。この問題が公になって以来、如何にやる気がないか、だろう。

  更に、確かに政府の代表として出席しているのだろう。しかし、だからと言って国会の議事に関して発言するのは適切ではない、というなら、国会の議事に関して、国会内外を問わず発言すべきではないだろう。国会を出れば、自民党総裁として自由に発言し、その発言を国会で取り上げれば、総裁としての発言である、と言い逃れするのだから。ならば国会での回答を逃げるのではなく、党に帰ってから党内に指示すれば良いだけのことである。本人は首相と総裁をうまく使い分けているつもりだろうが、こんな二枚舌を使う自分を信じない方が良い、と自ら認めているようなものだ。

  安倍政権と自民、公明両党は、国会で圧倒的多数を持っていることを背景に、その国会運営について真剣に審議の場だとは思っていないようだ。国会は手続き上通過させなければならないから、その内容はどうあれ、国会審議をしたというアリバイ作りが必要なだけ、との認識のようだ。法案の内容に如何に疑問が多くても、誠実に疑問に答えることは稀で、まともに回答をしないまま最後は時間切れで採決、ということの繰り返しである。

  国会は延長されたが、安倍さんが出席するのは初めの数日のようだ。この時間さえ過ぎれば、国会で野党がモリカケ問題を取り上げようにも本人がいないので、一段落となってしまうのだろうか。逃げ切り成功では、何とも情けないではないか。一方では、自民党が今国会で成立を図る法案は、強行採決をしてでも成立させていくのだろう。こんな状況でも国民の政治に対する意識は薄いようで、徐々に内閣支持率も上がっていくのだろうか。

  何とも情けない日本の政治状況である。この様な、国民に対して不誠実な内閣がいつまで続くのであろうか。

無恥なる安倍さんの言葉

  日本の首相が言っているとは思えない安倍さんの口から出る無責任な軽い言葉。本人はどういうつもりで言っているのかわからないが、重要な場面で、一見これからは真剣に取り組む、というようなことを言う。今までやってきたこととは違うことを言うので、方針変更をするのかと思えばそうではない。その場の相手が気をよくしそうなことを平然と言うのである。その後の安倍さんの行動を見れば、その時限りの自分を良く見せようとしているだけの、無責任な言葉であることが分かる。

  森友問題・加計問題では昨年から国会外では常に、丁寧に説明する、と言ってきたし、財務省の文書改ざんが発覚してからは、うみを出し切る、と言っている。しかし、現実はどうか。これらの問題が発覚してから1年半近く経つが、一度たりとも丁寧な説明を聞いたこともないし、うみを出すような行動を見たこともない。如何に口先だけかが良くわかる。

  23日、沖縄で戦後73年の「慰霊の日」を迎え、平和祈念公園で追悼式が開かれた。安倍さんは、沖縄の基地問題に対しても、基地負担の軽減を進めていくと強調し、普天間基地の固定化は、絶対に避けなければならない、と強調する。その一方で、辺野古への移設に向けて最高裁の判決に従って、進めていくと言う。何だか最高裁普天間から辺野古に基地を移設しろ、と言っているかのような言い方である。自分で普天間は移設しない、廃止する、と決めれば良いだけのことなのに。

  沖縄に集中している米軍基地については、政府として、基地負担を減らすため、一つ一つ確実に結果を出していく決意だ、と強調。自分が先頭に立って、沖縄の振興を前に進めていく、と語った、という。相変わらずの無責任な言葉である。今まで何をしてきたのか。基地負担を減らすなら、移設は一切認めないで、いつまでに何処の基地を閉鎖させるのか、を言わなければならないだろう。本気で言っているわけではなく、調子よくその場の雰囲気に合わせて、無責任な軽い言葉を使っただけだろう。本気でないのは、基地の縮小と言わず、基地負担の軽減という抽象的な、内容の無い言葉で済ませていることが、象徴的である。

  言葉は政治家の生命線であると思うのだが、そんなことはお構いなしで、いつも調子の良いことを言ってきた。正に無恥の本領発揮である。いつも、本当は何をしたいのか本音は言わず、陰でこそこそ動き回っている。出てくる言葉はその場限りの都合の良さそうなものばかり。政治に期待していないのか、今度はもしかして、と淡い期待を抱いているのか。安倍さんを支持している方々は、何回期待を裏切られても支持し続けるのだろうか。