憲法9条を骨抜きにした安倍首相

安倍首相が自身、真の意味での最重要課題としている憲法改正。それに次ぐ重要課題としている安全保障関連法を2015年秋に強行採決して以降日本はどう変わったか。 安倍政権発足以来、国家安全保障会議(NSC)の創設、防衛計画の大綱・中期防衛力整備計画…

改憲に前のめりの安倍首相

最近、安倍首相は憲法改正に前のめりになっている。最近の前のめり度合いは、今にも前に倒れそうなほどである。今まで国会で質問されても、総理大臣として答弁しているから、と逃げ回っていた。最近は、国会での質問に、9条の改正についても、勿論突っ込ん…

沖縄県への経済制裁?

先日、沖縄県名護市長選が終わった。米軍普天間飛行場の辺野古への移設が選挙の争点になるかと思われたが、移転に反対の稲嶺前市長に対し、移転を容認する新顔の渡具知候補は、選挙期間中にただの一度も辺野古という言葉も基地という言葉も発しなかったとい…

2倍未満なら合憲とは

昨年実施された衆議院選挙で、一票の格差が投票価値の平等を定めた憲法に反する、として選挙無効を求めた訴訟の判決が次々と各地で出されている。 その内容を見ると、最大格差が1・98倍になり2倍を超えなかった。だから憲法には違反しない、というのが判…

議論から逃げ回る安倍首相

相変わらず安倍首相は憲法に話が及ぶと、議論をしようとしない。国会の施政方針演説の代表質問で憲法について質問されると、「首相として答弁しており、差し控えたい」と逃げた。ならば、何で施政方針に憲法の話を持ち込んだのか。国会で憲法に話が及ぶと、…

真剣に考えてよ、安倍さん

いつも思うことだが、安倍首相の語る政策は、きちんと考えられ、議論の末に出てきたものとはとても思えない。 今日通常国会が召集され、安倍さんによる施政方針演説があった。その内容たるや、自分の思いだけをただ並べただけ。到底議論された上でのものとは…

相変わらず意見交換が出来ない

核兵器廃絶国際キャンペーン〈ICAN〉」事務局長が求めていた安倍晋三首相との面会を政府が、日程の都合上難しいということを理由に断ったという。相変わらず独りよがりの日本政府の見解、というより安倍首相の意向なのだろう。被爆国である日本の首相と…

言葉は大切です

安倍政権は毎年のように看板政策が掛け替えられている。地方創生・女性活躍・一億総活躍・働き方改革、更に人づくり革命・生産性革命等々。一体何なんだろう。何ひとつまともに実行された気配はないし、個々の政策の検証がなされた様子もない。次々と看板を…

戦争をしてはいけない

ローマ法王が配布を指示した写真。長崎原爆投下の被害者の姿をとらえた1945年の写真で、死亡した弟を背負いながら火葬場で順番を待つ1人の少年の姿をとらえたもの。この写真を、カードの裏に自身の署名とともに「戦争が生み出したもの」という言葉を記…

安倍首相が日本の政治を駄目にしている

困ったことに、日本は議会制民主主義なのに議論が出来ない、議論をしない人が総理大臣になってしまっている。その結果、国レベルの政治では議論をして物事を進めるということがなくなった。 安倍さんは、議論の場と思われる場面では相手の言うことには耳を傾…

安倍政治の長期化で日本が危ない(4)

巨額の赤字国債残高を抱えている日本の総理大臣として、安倍さんの財政への危機意識はどうなっているのだろう。来年度予算が閣議決定されたが、危機感が全く感じられない。毎年赤字の予算編成であるにもかかわらず、防衛費は増え続けているし、支援団体には…

安倍政治の長期化で日本が危ない(3)

2025年になると、団塊の世代が全て75歳以上になるという。第二次安倍政権誕生の前に公明、民主といわゆる3党合意で社会保障と税の一体改革に関する合意があり、消費税増税による社会保障の充実と財政再建が盛り込まれた。人口構成の高齢化により毎年…

安倍政治の長期化で日本が危ない(2)

日本の人口が2015年から減少期に入った。これから早い速度で減り続けることになるだろう。安倍政権はこの事態をどれほど深刻に考えているのだろうか。政府は確かに「一億総活躍社会」の実現に向けて「名目GDP600兆円」「希望出生率1.8」「介護離職ゼロ」…

安倍政治の長期化で日本が危ない

安倍政権がこのまま続くようだと、日本は危ない。安倍さんは認識しているかどうかわからないが、日本社会では、格差拡大、少子化と人口減少、高齢社会、財政再建、などの問題を抱えている。しかし、安倍さんはこれらの問題をずっと回避し続けている。これら…

安倍首相は誰を守るのか

安倍首相は何か事あるごとに、国民の生命と財産を守るために全力を尽くす、と言う。そして、国家的危機を演出して、軍備増強を進めている。だが、これは本気でそう思っているのだろうか。軍備増強のための方便なのではないか。内閣総理大臣であれば、こんな…

議論のできる総理大臣が欲しい

官製春闘と保育料の無償化と憲法改正。何の脈絡もないようなこれらの事項に共通する事がある。それは安倍首相の政権運営方法である。その本質は、議論を重ねて出てきたものではなく、思い付きのような、場当たり的な、方針を打ち出し、自身はそこから引っ込…

特別国会は終わったが

虚しさだけ残して特別国会が終わった。まともに議論しようとしない安倍首相の態度に、相変わらず言葉だけの謙虚・丁寧・真摯が上滑りするだけ。これが国会の現状かと思うと、これからの日本はどうなるのだろうか、と本当に心配になる。あれだけ質問時間の拡…

首相の品格

朝のラジオの街角アンケートで、安倍首相に品格があるか、というアンケートをやっていた。最近、大相撲元横綱の暴力事件で、横綱の品格というのが話題になっているからだろう。アンケート対象はサラリーマンなのだが、その結果は安倍首相には首相の品格があ…

安倍首相と日本語の意味

安倍首相の所信表明が終わり、本格的な国会審議が始まる。所信表明演説の中では謙虚も真摯も丁寧も言わなかったようだ。安倍さんが、自分の発する言葉の意味が自分の思っているのと違うと気が付いたのか、と期待した。謙虚とか真摯とか丁寧というのは、今ま…

自民党の数の横暴

特別国会が開かれたが、実質審議に入る前に質問時間を巡って大揉めになった。結局自民党が強引に押し切り、与党1対野党2の割合で決まった。もともと自民党の野党時代に要請して始まった与党2対野党8。自分の都合で、今回与党になったら見直しを強引に押…

幼児教育無償化は誰の為?

安倍首相が国の政策を自分の意のままに動かしている。安倍さんが人つくり革命の会合の中で、先の選挙公約の幼児教育の無償化財源等で、自民党に事前の話もなくいきなり榊原経団連会長に、3000億円の経済界の負担を要請した。安倍さんが自分の実行力を示…

いつまで続ける安倍首相

総選挙が終わり、新内閣発足に伴う安倍首相の記者会見があった。記者会見は全く内容の無いものであったが、その中で安倍さんは、生産性革命と人づくり革命を車の両輪として、少子高齢化という最大の壁に立ち向かう、と強調した。相変わらず自分の掲げた看板…

やはり言行不一致だった

選挙が終わった後、安倍首相をはじめ閣僚からも『謙虚に』が連発された。案の定、あれから1週間もしない内に、言葉だけだったことが明らかになった。 自民党は大勝したことで、国会での与野党の質問時間の配分を見直そうという動きがあるという。衆院予算委…

総選挙が終わった

何の為かわからない衆議院議員選挙が終わった。結果は周知のとおり議席数では自民党の圧勝である。議席数ではというのは、得票数では違った景色が見える。小選挙区では立候補者数が違うから一概に言えないが、それでも自民党の得票率は48%に対し獲得議席…

衆議院議員選挙投票日間近に

何とも不可解な衆議院議員選挙の投票日まであと2日。ここで、改めて安倍首相が何で解散し、総選挙となったのか。解散の大義や自民党の選挙公約というものを見てみると、この選挙が如何に自分勝手で、今回の解散にいわゆる大義など何処にもないことがよくわ…

劣化する日本という国

最近いろいろな分野で日本の劣化が現れているようだ。産業界では数年来続いている東芝のゴタゴタ劇以外でも、三菱自動車の軽自動車の燃費試験の不正、日産自動車の無資格者の完成検査、さらに今回は神戸製鋼所の検査データを改ざん、とモノづくり日本はどこ…

目的と手段

上野動物園のパンダの赤ちゃんに香香(シャンシャン)という名前が付いたという。まだ未公開だが、公開されたらぜひ見たい。だが上野動物園にはどうやって行くのか。首都圏の方でも上野動物園に行く方法は何通りかあるだろう。その中から上野動物園に行く為…

アベノミクスって何?

自民党の公約で「アベノミクス加速によるデフレ脱却」を謳っているが、何かというとアベノミクスを加速すると言うが、何をどうするのか、は聞いたことがない。結局、アベノミクスとは前例のない程の金融緩和、ということなのだろう。 日本経済はこの異常なま…

理由なき解散総選挙

安倍首相が正式に衆議院の解散をすると表明したが、理由なき自己都合解散であることがはっきりした。 消費税の使途変更と北朝鮮情勢を解散理由としたが、本筋である憲法改正については記者会見では触れず、記者会見後のNHK番組の中で触れただけである。相…

安倍首相による自己都合解散

安倍首相が記者会見で正式に28日に召集される臨時国会冒頭で衆議院の解散をすると表明した。解散理由は後付けであることが見え見えで、安倍さんの自己都合解散であることがはっきりした。 消費税に使途変更と北朝鮮情勢を解散理由に挙げたが、これは解散理…