どこを見ている

  沖縄県辺野古沖埋め立てが再開された。沖縄県民は各種選挙等で埋め立てに反対の意思表示をしてきた。しかし、埋め立て工事はしばらく中断していたが、来日した新米国国防長官から、辺野古移設が唯一の解決だ、というお墨付きを日本政府はもらった。

  米国から了承をもらったら、即、埋め立て再開とは。日本政府としては、どこを見て意思決定をしているのだろう。もし、無いだろうが、米国から待ったがかかれば、中断したままになるのだろう。

  もともと、反対の多い辺野古を米国に差し出すのではなく、米国とは基地縮小等の交渉をして欲しいものだが、何をするにも米国の顔色を見ながら。米国追従もいいが、いい加減に自立して欲しものだ。