何故低レベルな大臣を揃えたの

  またしても地方創生大臣の問題発言、と感じない方もいるようだが。ほんの少し前にも問題発言をした復興大臣がいた。防衛大臣も問題発言。なんたって、記憶の中の話をしたので事実と違っていても問題ない、とのたまった。そもそも総理大臣からして審議中に根も葉もない中傷ヤジを飛ばすのだから、この内閣の質が相当低レベルであることは論を待たないであろう。

  このように、嘗てなら当然辞任に値することでも、総理大臣がこのレベルだから辞任させようなんてことは考えることもないだろう。官房長官は、記者会見では何があっても「問題ない」としか言わない人だから、結局そのまま。本人の通り一遍の謝罪会見で一件落着となってしまう。

  こんなだから、低レベルな大臣の方々は辞めさせられる心配もなく、守られながら安心して言いたい放題好き勝手なことを言っているのだろう。というより、これが本心なのだろうけど。

  自分を超えるような大臣は選びたくなかった、その結果がこの程度の大臣ばかりを揃えることになったのだろう。不適当大臣は早々に辞めさせないと、また問題発言が出てくるのではないか。或いは、発言禁止令を出されて、何も言わなくなってしまうのか。それにしてもお粗末内閣だよね。