5月3日は憲法記念日

  憲法施行から70年、歴代内閣の中で、現内閣ほど現憲法を軽んじ、ないがしろにしている内閣はないだろう。現憲法の基本原則である国民主権基本的人権の尊重、平和主義を直接批判はしないもの、首相自ら、憲法を解釈によって勝手に変えてしまうなんぞは朝飯前。テレビに出て報道内容を批判したかと思えば、その後は、自分に好意的なテレビ局にしか出演しない。党内の首相のお友達はテレビ批判を繰り返し、挙句の果ては総務相によって、放送電波の停止もありうる、というような恫喝までしてみせる。

  基本的人権の尊重は、幅広い意味を持っている。それを自覚しているのだろう。自民党憲法草案では基本的人権を制限しようとする条項が入っている。基本的人権によって立つ個人の尊厳の制限である。現行憲法で規定されている、個人として尊重される権利が消え、単に人としてのみ尊重されるだけになる。更に、個人人権より公共の利益を優先する。

  立憲主義など知らないし、知ろうともしない。独自の憲法観による憲法に改正しようと邁進していおる。現憲法のどこに不具合があるのか、そんな論議は聞いたこともない。それどころか、議論のできない現首相は、国会の質疑で憲法論議になりそうになると、自説を述べることもなく逃げてしまう。議論もしないで、国会以外の場で、ただただ日本を取り戻す、とか言って新憲法の制定を目指す、と力んでいる。

  現行憲法は、国家による権力を制限し国民の権利・自由を擁護する、という、立憲主義に基づいているが、それが気に入らないようで、もっと国民を自由に支配できる方向に持っていきたい、ということなのだろう。あくまでも支配者の視点でしか考えていない。こんな政治屋(政治家ではない)に任せていたら、この先どんな国になっていくのか、恐ろしいことである。