日本国憲法 第九十九条

  第九十九条  天皇又は摂政及び国務大臣国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

  上記は日本国憲法第九十九条である。現在の安倍総理は現行の日本国憲法を読んだことがあるのだろうか。今年の憲法記念日に、日程まで示しながらこの憲法を改正すると明言した。現行の日本国憲法を否定するかのようなこの発言をどう考えたらよいのだろうか。如何に現憲法が気に入らないといっても、憲法を守らなくてよいということにはならないだろう。 総理大臣が自ら積極的に憲法改正に動くのは、この憲法の条文に規定されている「この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。」に明らかに反している。

   この安倍総理に特徴的なのは、憲法に関しては徹底的に議論を避ける、ということである。今回もビデオでのメッセージであり、いつも、言いたいことは反論の出ない、出来ない方法で、発信する。国会の質疑で憲法が俎上に上がると、決まって、憲法に関する発言は自民党総裁としてのものであり、国会では憲法審査会で議論していただく、という総理と総裁という立場を使い分け、逃げの発言を繰り返す。安倍晋三が二人いるわけではない。なぜ国会という公開の場での議論を避けるのであろう。

   他の問題でも同様であるが、安倍総理は議論ができない人なのだろう。国会の質疑でも、自分の思い通りでない質問に対しては、質問内容にかかわらず一方的に言いたいことを言い募るか、相手を攻撃するか、質問とは関係のない答弁をするか、である。相手の質問をきちんと聞いて、それに対してきちんと答える、ということができないようである。持論に反論されたり、否定されたりする内容だとこの傾向が顕著に表れる。

 こんな人間には憲法論議に加わってほしくない。