政治家不適格者

  日本という国は、安倍晋三というとんでもない輩を首相としている。前出の加藤教授が指摘されるように、安倍さんという人間は、無知と無恥でできているようだ。歴史を知らないから歴史を踏まえた論理構成ができない。過去の政策決定の場面でどんな議論をし、決定をしてきたか、その過程が大切なのだということを学習しようとしない。従って、いつまで経っても無知は無知のままなのだろう。だから安倍さんは、国会でもどんなことでもまともな議論ができないのだろう。

  NHKの報道を抑制する為に会長を入れ替える。自分の経済政策の一端を押し付けるために日銀の総裁人事に手を付けた。本来ならば正当な議論を経て政策として実行されるべきもの事柄も、人を入れ替えて自分の意思を強引に通してきた。更に、最悪だったのは、憲法解釈を変えるために内閣法制局長官を入れ替えた。集団的自衛権は、諸先輩議員が知恵を出し合い、様々な経緯を経て、微妙なバランスの上で現在に至っている。それを、一顧だにせず自己の主張を通すために、人事に手を付けて議論を忌避して解釈変更を行った。

  今回の改憲発言も、党内議論や憲法審査会の議論は一切取り合わず、自分の思いを通すためのものなのだろう。今や、自分がやりたいことは何でも実現させることができる、と思っているのだろう。自分に考えの近い人でポストを固め、異論を封じ込める体制を作っている。議論ができない安倍さんとしては最良の方法だろうが、人事をもって議論を封じ込める、意見交換のできないような政治体制を構築するって政治家のやることではない。