政府による疑惑隠し

  加計学園獣医学部新設を認めた経緯で、安倍総理の関わりが次第に明らかになってきた。当初、新聞報道などで数種類の文書が出回り、出所は明確にされていなかった。菅官房長官は記者会見で、出所不明の怪文書のようなもの、出どころも明確になっていない、と言い切った。一方、文部科学省は調べてみる、と即答は避けたものの、実際に調べたかどうかわからないが、文書はなかった、という結論ありきの調べ方で、きちんと調査する気はないようだ。

  一方、安倍内閣の広報紙のような新聞に、文科省事務次官の風俗通いの記事が出た。おそらく官邸側からのリークで、人格攻撃を狙ったものと思われる。加計学園の経緯について、この前事務次官が報道各社の取材に応じ、一連の動きは事実であり、文書も自分が説明を受けたものである、と明言した。これに対し菅さんは、次官辞任に至る経緯を自分なりの理解で語り、これまた人格攻撃している。

  これまでの加計学園問題の経過は、森友学園問題とよく似ている。問題が発覚した当初は、相手にしない、という立場ではねつけた。次第に問題が大きくなってくると、一方では問題提起した人物の人格攻撃をし、発言の影響を薄めようとする。もう一方で問題の文書は破棄した、とか、見つからなかった、として問題の隠ぺいを図ろうとする。文書類は官庁側にあり、現職官僚が反旗を翻さない限り表に出ることはないし、そんな現職官僚はいないだろうから、どう言い逃れしても安心、と思っているのだろう。

  森友学園問題は現在のところこの加計学園問題が出たことと、徹底した政府側の隠ぺい黙殺が功を奏したか、下火になってきている。加計学園問題も同様の経過を辿らせたいのだろう。ただ、森友問題と違う点は、相手が民間人ではなく、問題の時期に事務方トップの事務次官だったという点だろう。それだけに信憑性は高いが、政府側はすでに退職された方の発言、と無視する方針のようだ。

  これだけの疑問、問題点が出てきても徹底して隠蔽しようとする対応は、隠蔽しなければならない事実がある、ということの裏返しであろう。安倍総理がらみの疑惑は何としても潰す、という強固な意志が感じられる。記者会見で必死に人格攻撃までして疑惑つぶしをしようとしている菅さんの姿は哀れにさえ見える。安倍一強とか言われるが、それを利用しようとする輩が如何に多いいかということなのだろう。安倍さんに疑惑がかかっては困る。世の中がどうであれ自分に関係ない、ただ己の利益の為。それで競うように安倍さんのもとに集まっているのだろう。とてもまともな国政を期待できるような姿ではない。