強権的な安倍政治

  過去の歴代政権が強引に通すには躊躇があった重要法案、特定秘密保護法集団的自衛権の容認に付随する安保法制、そして今国会の共謀罪。これらの法案を安倍内閣は何の躊躇もなく、強行採決で次々と成立させてきた。なぜ過去の政権が躊躇してきたのか、などということは一切無視である。ここに安倍さんの無知と無恥の源泉がある。安倍さんにとっては、自分が決めたことについては数の力で何とでも思い通りになる。国会なんて単なる形式だけのこと、思っているのだろう。そこに国民はどう思うのか、という視点は全く感じられない。

  こうした状況の中、森友学園疑惑、加計学園疑惑が浮上してきた。森友学園は安倍首相の昭恵夫人が関与していたのだろう。加計学園は安倍首相が補佐官を使って動いたのであろう。これらの疑惑に対して、強権的な数の力で徹底して隠蔽し、疑惑そのものがなかったことにしようとした。さすがに加計学園ではいろいろな文書が出てきてしまい、無かったことには出来なくなり、再調査せざるを得なくなった。これから、文書をリークした官僚の犯人捜しが始まるのだろう。すでに国会質疑の中で、逆らう者は許さない、という姿勢を示している。あくまでも疑惑の解明でなく隠蔽の方向に邁進している。ここでも、国民に対して説明する、という基本的なことは欠落している。

  安倍政権の最大の特徴は、安倍首相に見られるように徹底して議論を避ける。自分のや りたいことは誰が何といってもやる、ということであろう。これは国会内だけでなく、国連の特別報告者に対しても同様の対応で、疑問に答えようとしないで、一方的に相手を批判して終わりにしようとしている。この強権的なやり方は何なのだろう。安倍さんは何か大きな勘違いをしているのではないだろうか。多数を持っていれば何をしてもかまわない。極論すれば国会での審議など必要ない、多数を持っているのだから結果は明らか、と思っているのだろう。これではまともな民主的な政治など望むべくもない。

  今の状況が続けば、日本は「民主主義と決別した国」となってしまう。