後味の悪い国会の閉会

  通常国会が閉会した。安倍政権は最後まで国会をないがしろにし、後味の悪い閉幕となった。この国会を通して、安倍首相の、議論しない、説明しない、検証しない、という姿勢により、国会が機能しない、何とも空虚な場となってしまった。国会は憲法に定められたように、国権の最高機関である。その国会を安倍さんは国民の為ではなく、自分の為に都合の良いように利用してしまった。

  本来、国会は議論や討論によって成り立っている筈である。にもかかわらず、そこで、極力議論にならないように、質問に対しては、はぐらかす、自らの持論を展開する、まともに答えずにすり替えによって逃げる、しかも、反対意見には攻撃するのみ。まともに議論しようとしない。究極は、総理と総裁を二枚舌のように使い分け、答える立場にない、とまで言って逃げてしまう。議論しようにも、その下地となる、知識の欠如からか、逃げるしかないのだろう。これでは国会議員としての資質にも問題ありだろう。

  森友学園疑惑、加計学園疑惑、など、いろいろ疑惑が表面化した。しかし、口では全面否定しながら、これら疑惑の一つとして疑惑を晴らそうとする説明はなされなかった。状況証拠からいえば、黒。しかし、物証は全て安倍官邸側が握っているので、否定するなら文書や証人喚問等、手段は幾らでもあるのに、ひたすら口頭での全面否定しかしなかった。唯一加計学園疑惑は、官邸側の説明に齟齬をきたし、疑惑解明の入り口にたどり着いた感もあったが、国会の閉会を盾に追及から逃げようとしている。

  一方で、今年も骨太の方針なるものが公表された。毎年のように発表される骨太の方針であるが、その方針がどうなったか、検証した結果を見たことがない。安倍首相は、耳触りの良い、国民受けしそうな政策を大々的に公表するが、公表しっぱなしである。期限を切って大見得を切ったものは、さすがに無視できないと見え、達成できなかった、と一応は認める。しかし、何故できなかったか、という分析はほとんどない。政策も言葉遊びのような感じで、自分の言葉に責任を持つという意識がないのだろう。

  安倍政権の国会無視の最たるものは、共謀罪法案である。これは、「中間報告」という形で、目に見える形で国会の審議を放棄したのであるから、民主政治を否定したも同然である。共謀罪法案の内容も問題山積で、今のまま成立させていいわけがない。そんな法案を成立させるために、国会議員でありながら国会での審議放棄に賛成した議員たち。審議放棄までして法律を成立させようとするなど、国会議員にあるまじき行為であり、国会議員の資格はないものと思う。