安倍首相の丁寧な説明とは

  国会の閉会中審査が終わった。予想通りというか、疑惑は何ら解明されることなく終わった。安倍首相が内閣支持率の急落に反応して、急遽、閉会中審査を開くことになったが、積極的に疑惑を解明しようとする姿勢からは程遠かった。

  今回の閉会中審査だけではなく、これまでの経緯を見ても、官邸側が官僚機構内部まで統制し、都合の悪い文書の出し入れは徹底して管理していると思った方が自然だろう。たまたま統制が効かなかった文科省から複数の文書が流出してしまったが、どこの省庁でもこの程度の文書は存在すると思った方が自然だろう。これに対し、流出してしまった文書は、担当大臣が、後から担当者の考えも織り込んで作成した文書であり、正確な記録とは言えない、と釈明している。メモにして共有フォルダ―に残した文書が、打ち合わせと自分の考えを混在させた不正確な文書とは思えない。

  一方で、官僚側の文書は統制できても、外部の文書は統制できない。最悪は、外部の議事録に対し、あれは思い込みにより作成された文書で、自分の記憶と違うから正しくない。自分の方はメモを取っていたが、廃棄してしまった。と、文書で残っている議事録より自分の記憶が正しい、と言い張る大臣まで出現。

  これまでの加計問題の流れを見ていると、森友問題の時と違い複数の文書が流出したし、外部にも存在した。文科省内の文書、今治市の文書、日本獣医師会の文書などを全体としてみると、事実は相変わらず不明ながら、今回の国家戦略特区の政策決定過程で加計学園が選ばれるような方向で動いていた、という点では一致している。誰かが恣意的に「加計ありき」と思わせようと思っても、文科省内だけならともかく、外部まで話を合わせるように仕向けることはできない。

  疑惑解明は、政策決定過程を透明化し、決定の正当性を訴えるしかない。その一方で、加計理事長の証人喚問をなぜ拒んでいるのかわからないが、本人から、例えば、なぜ申請前から大きなリスクを負って校舎の建設を始めたのか、など本人にしか分からないことを聞いてみる、というのも疑惑解明の一助となるだろう。

  結局、安倍さんは丁寧に説明するとは言ったものの、丁寧だったのは口調だけで、説明内容は相変わらず自分たちで作ったストーリーからはみ出すことなく、説得力のない口先だけの説明に終始した。しかも、政府与党は十分説明したから、加計問題については今後閉会中審査も臨時国会も開かない、と証人喚問を含めすべて拒否することを決めたという。これで幕引きとは到底納得できないのだが。