軍事的緊張感が高まる?

  日米安保条約を背景に日本の軍備増強が進んでいる。国家財政の赤字が続き、国際公約となってる財政収支均衡が絶望的な状況の中、第二次安倍内閣になってから毎年軍事予算は増加を続けている。安保条約だけでなく、最近は対北朝鮮との軍事的緊張をことあるごとに取り上げて、国防予算の増額を正当化しているように見える。

  よくよく考えてみれば、日本と北朝鮮との個別2国間で軍事的緊張感を生み出す要素はないように見える。今、日本と北朝鮮との緊張感は、米国と北朝鮮の緊張感に米国の同盟国だからということで、そこに日本が巻き込まれているような感じである。巻き込まれているのか、自ら首を突っ込んでいるのかは定かではないが。

  日米安保条約は抑止力になっている、として憲法の解釈を変更したり、それに伴う安保法制を強行したりしてきた。しかし、日本にとっては日米安保が対北朝鮮との緊張感を生み出し、その緊張感を利用して軍備の増強を図っている。防衛大臣は米国に行った折に、北朝鮮が様々な種類の弾道ミサイル発射を続けていることを取り上げ、陸上イージスなど新しいミサイル防衛の装備導入を表明している。外交努力をするのではなく、ただ軍備の増強に走っているように見える。来年度防衛予算も今年より増額されることはほぼ間違いあるまい。どこまで防衛費を膨らませるつもりなんだろうか。

  安倍首相はよく外国に行き、外交に力を入れているように見えるが、発展途上国に対しては、対中国を意識しての各種援助のばら撒きをしてくるように見える。欧州主要国に行った時には何を言ってきたのか、何をしてきたのかよくわからない。ロシアに対しては非常に懇意にしているように見えるが、結局ロシアから見ればうまく利用できる国の範疇だろう。米国に対してはただひたすら追随していくという姿勢。近隣の中国韓国にはまだ距離を縮められないでいる。

  日本は世界の中で何をしたいのか、どういう立ち位置になろうとしているのか。日本には独自の立場の外交というのがないように見える。それが今の対北朝鮮の軍事的緊張感を生み出しているのではないだろうか。