自分のための衆議院解散?

  安倍首相が9月28日に召集される臨時国会の冒頭で衆議院解散するという。何のための解散かは分からない。今選挙をして国民の声を聴かなければならないような重要な問題は生じていない。にも拘らず衆議院を解散して選挙をするというのは、党利党略というより、安倍さんの私利私欲の為、ということだろう。いずれ、いわゆる選挙の大義というものが発表されるのだろうが、それは結局本音隠しの、選挙で票を集めるためのばらまき政策か、たんなるリップサービスに過ぎないだろう。

  安倍さんが今選挙をしたい理由は、巷間言われているように、一に民進党や小池新党の体制が整わない内の選挙なら少なくとも負はない。二に臨時国会の審議が始まる前に解散してしまえば、通常国会で時間切れになり、その後は休会中審査だけで実質審議拒否してきた、森友問題・加計問題・自衛隊日報問題での追求から逃れられる。更に現議員の残り任期が1年少々の期間内という理由で、安倍さんが目指す憲法改正に慎重姿勢の公明党の方針転換を図る。更に、この選挙で負けなければ、来秋の自民党総裁再選の道筋ができる、ということまで考えているかもしれない。

  いずれにしても、今回の解散の動機は自らの保身と政権の延命という極めて不純なものであり、国政を私利私欲のために使うという点においては、森友・加計問題と同質である。結局のところ安倍さんには憲法改正しか頭になく、目的の為には手段を選ばず、という極めて短絡的な考えしかないのだろうか。利用できるものは何でも利用する、という視点で国政を取り仕切るようでは、政治家としてどうなのだろう。

  更に、疑惑が表沙汰になると、丁寧に説明すると何回言ったことか。しかし丁寧な説明は一度たりとも聞いたことがない。言いっ放しでその後は知らん顔でやり過ごす。国民は舐められたものである。しかし、舐められても反発できない国民だと見抜かれてしまっているようでもある。疑惑隠しの衆議院解散で何事もなかったかのように済ましてしまって良いのだろうか。