劣化する日本という国

  最近いろいろな分野で日本の劣化が現れているようだ。産業界では数年来続いている東芝のゴタゴタ劇以外でも、三菱自動車の軽自動車の燃費試験の不正、日産自動車の無資格者の完成検査、さらに今回は神戸製鋼所の検査データを改ざん、とモノづくり日本はどこかへ行ってしまったようだ。

  最近発表された、英国専門誌による大学の世界ランキングでも日本の大学の落ち込みは大きい。ランクを上げたのは京都大学(91位→74位)と大阪大学(251-300位→201-250位)の2校のみ。その他は東京大学(39位→46位)を始めとして、順位を落としているか変わらずである。アジアのトップはシンガポール国立大学(24位→22位)で、東京大学より上位には中国と香港の大学が各2校前回より順位を上げて入っている。

  政治の世界でも劣化が進んでいるように思える。安倍さんが2回目の首相になってから5年弱。議論のできないこの首相の下、安倍さんのやりたい政策実現の為に、徹底して議論を避け、人事で実現するという、議会制民主主義に反するようなことを繰り返してきた。集団的自衛権実現の為に内閣法制局長官を代え、経済政策の為に金融政策を思い通りにしたい為に日銀総裁を代え、自分に対する批判報道を極力抑える為にNHK会長を代え、自分の主義主張を通してきた。

  議論が出来ない安倍さんのやりたいことは、必要性があるからということではなく、観念的に思っているだけだから、なぜ、とか、どうして、とかいう論理的な組み立てがない。だから、議論になるとすぐに底が見えてしまうのだろう。ちゃんと考える、という過程がない自分の思考回路が普通だと思っている安倍さんは、議論をしてそこから結論を導き出す、という議会制民主主義の基本を理解しているのだろうか。

  何の為かわからない衆議院議員選挙が公示されて中盤に差し掛かっている。報道によれば自公政権が大勝しそうだという。このままでは安倍政権がしばらく続きそうな気配。この後も安倍さんは情報は非公開、自分の意に沿わない人物は遠ざける、お友達は優遇する、という政治姿勢を続けるのだろう。選挙に勝てば、まさに白地小切手をもらったことにして、好き勝手なことをするのだろう。それにお墨付きを与える選挙結果になってはいけないと思う。その為には出来るだけ多くの人が投票に行くことだと思う。

  自公政権の中で、物事をきちっと考える勢力が出てくるのは期待薄である。何も考えないで従っていく方が楽だから、今のままなら議員の身分が保てるから、敢えて波風を立てなくても、とかさまざまな理由をつけて、議員がちゃんとものを考えなくなってしまっている。目には見えないところで、日本の政治の世界はどんどん劣化しているのだろう。