真剣に考えてよ、安倍さん

  いつも思うことだが、安倍首相の語る政策は、きちんと考えられ、議論の末に出てきたものとはとても思えない。

  今日通常国会が召集され、安倍さんによる施政方針演説があった。その内容たるや、自分の思いだけをただ並べただけ。到底議論された上でのものとは思えない。きれいな言葉だけを並べただけで、何をしたいのかがさっぱりわからない。今年が明治維新から150年ということに触れ、「今こそ新たな国創りの時だ」と意気込みを示したものの、どんな国にしたいのかは一切語らない、語れない。

  働き方改革関連法案によって「誰もが能力を思う存分発揮すれば、少子高齢化も克服できる」と言うが、なんで克服に結びつくのか、どういう関係があるのかわからない。「同一労働同一賃金」を実現させるとも言っている。安倍さんの言う「同一労働同一賃金」はどういうものなのだろう。言葉だけが独り歩きして、どんなイメージかは語らない。

  憲法改正を巡っては「国のかたち、理想の姿を語るのは憲法だ」と言ったが、そもそも、憲法は権力を縛る最高位の法律、つまりルールなのである。理想や理念を述べるものではない。そこに書かれた事柄は無条件に守らなければならない事柄なのである。憲法とは何ぞや、ということをもっとしっかり考えて欲しいものである。

  更に、幼児教育の無償化、私立高校の無償化、大学学費の減免、給付型奨学金の拡充と、サービスのオンパレードである。幼児教育の無償化をして、待機児童解消対策はどうするのか。待機児童に対する負担軽減見合いはどうするのか。全体像は全く分からない。

  外交・安全保障では北朝鮮の脅威を前面に出し、日米が連携を強化して対処していく、と強調している。暗に軍事力を強化するために、防衛費を増加すると言っている、

そして、財政再建については、これまで20年度としていた基礎的財政収支プライマリーバランス)の黒字化達成の目標時期を見直し、今夏までに新たな目標時期を具体的な歳出抑制計画とともに示す、と表明した。大判振る舞いの施政方針の下、財政再建に使う予定であった消費税も半分は政策に使ってしまう。お金は降って湧いてくる訳ではない。一方で使いたい放題をして、財政再建用の財源まで使い込んで、安倍さんの頭には、財政再建という言葉は全く無いようだ。今夏に作成するという新たな目標も、どうせ明るい未来の絵に描いた餅で、自分の任期中には使いたい放題で任期後に何とかする、という結論ありき作文が出てくるだけだろう。

  議論が出来ない安倍さんが、議論もしていない内容の無い言葉だけの施政方針を掲げ、懐具合も気にせず、後々の選挙を有利に進めるために使いたい放題使って、大赤字体質を残して「はいサヨウナラ」では一国の総理大臣としてあまりにも無責任だろう。そんなことをする前にさっさと辞めて欲しい。