議論から逃げ回る安倍首相

  相変わらず安倍首相は憲法に話が及ぶと、議論をしようとしない。国会の施政方針演説の代表質問で憲法について質問されると、「首相として答弁しており、差し控えたい」と逃げた。ならば、何で施政方針に憲法の話を持ち込んだのか。国会で憲法に話が及ぶと、決まって同じような答えをし、自分の意見を言おうとしない。言えば議論になることは必定で、議論が出来ない安倍さんにとっては困った事態になる。従って、その時点で逃げるしかないのだろう。

  首相だと何で国会で憲法についての議論が出来ないのか。国会以外では言いたい放題なのに。国会以外では自民党の総裁としての発言だと言うつもりだろう。しかし、安倍晋三はひとりだ。言い逃れの為に、都合よく使い分けをしているだけ。どうしても正当な使い分けと言い張るなら、憲法発言の時は、いつも自民党総裁を肩書にすべきだ。マスコミに対しても、憲法発言の時の肩書は自民党総裁であり、首相としてではないと徹底させ、安倍首相との報道に対しては、お得意の報道機関への圧力で安倍総裁に訂正させる位の事をしてはどうか。

  安倍さんは自分で憲法論議を言い出しおきながら、なぜ議論を避けたがるのだろうか。おそらく憲法を改正した首相という冠詞が欲しいのだろう。改正の内容はどうでもよい。とにかく、字句の変更だけでも良いから何らかの改正をしたい、ということだろう。そうでなければ、長年自民党内で議論を重ねてきた憲法草案をいとも簡単に捨ててしまうなんてことは考えにくい。そして、国会で多数を得られ易いように、議論をしたこともないような、日本維新の会が提案する教育無償化や、公明党が言うところの加憲で賛成しやすくするような、9条はそのままで自衛隊を追加で書き込む、など思い付きだけで出てきたような改憲案を臆面もなく出してくることはないだろう。本気で憲法を改正したいのだ、と考えての言動とはとても思えない。

  こんな安倍さんに唯々諾々とついていく多くの自民党国会議員は、憲法改正をなんだと思っているのか。自分の次の選挙の損得だけしか考えないなら、もう国会議員失格としか言いようがない。戦前回帰というより、今を次なる戦争への戦前にしてはならない。個々の国会議員がもっと真剣に憲法について考えて行動しないと、日本という国が再起不能になってしまう。この国を何処に連れて行くのか。選挙は当分なさそうなので、今の国会議員の責任は重大なのだ。よく自覚して欲しい。