安倍首相によって壊される日本

  議論の出来ない、議論をしない、議論をさせない、という安倍さんが政権をとってから、日本はどんどん劣化している。国会ではまともな議論が成り立たず、一方的に攻撃するか、質問にはまともに答えず、自分の都合に合わせた応答をする。これが議論のできない安倍さんだけでなく、閣僚、自民党議員、官僚、と国会内に蔓延し、まともに議論をしない議会になってしまっている。国会での議論は政治の基本だと思うが、問題の本質の議論を避ける、という姿勢が見えてくる。

  議論をしなくても済むように、人事権を最大限に使って人を替えることにより、自分に都合の良いように政策を動かすのも安倍さんの特徴だ。憲法の解釈を変更し集団的自衛権を合憲としたのも、法制局長官を合憲としていた人物に差し替えて実現した。自身の経済政策を実現させようと日銀総裁も入れ替えた。報道の自由度を押さえようとNHK会長も替えた。菅官房長官の肝いりのふるさと納税に、地方税制の観点から異を唱えた総務省の局長も配転させた。政策実現の為に議論をせず、結論に合う人物に入れ替えて政策実現しようとするのである。

  部官僚の人事権を一手に握って、都合の悪い人物の排除を排除している。それにより、官僚は首相官邸の顔色ばかり窺って仕事をするようになった。更に、私利私欲に絡む政策や安倍さんの都合や主張に沿った政策に関しては、結論ありきで決めているようで、決定に至る議事録はなるべく簡略に、場合によっては議論があったかのように見せるために議事録そのものを作らない、というようなことまでしている。都合が悪くなると、議事録の改竄も厭わないことが今回の森友問題の決裁書改竄で明らかになった。

  こうしたことは、後に政策の正当性や決定過程の検証をしようとした時に、何の手懸りもない、ということになってしまう。自分のやったことを、平然と歴史の一部を自らの手で抹消しようとする行為なのである。自分さえよければ後はどうなっても良い、自分のやったことについては、後の人間にとやかく言われたくない、と考えて権力を行使している状況は、日本という国を壊しにかかっている、としか思えない。

  今回の森友問題がどう決着するのか分からないが、目を離さないことが大事だと思う。決裁書の改竄は勿論重大事件であり解明が待たれる。しかし、問題の本質はそこではなく、何で国有地の格安払下げが起こったか、というところにある。森友問題はようやく入口たどり着いた、という感じである。