官僚の劣化と自民党の専横

  名古屋の中学校での前川前文科事務次官の公開授業について、自民党の議員から圧力が掛かった。文科省当局者は当初、前川氏の講演の記事を新聞記事で見て、質問状を送った、と言っていたが、その後自民党議員から講演についての内容の問い合わせがあったことを認めた。しかし、質問状自体は文科省が主体的に出した、としている。

  教育の政治的中立性は教育基本法に定められていて、これは不可侵の教育上の理念である。それをいとも簡単に破って政治的に利用しようとするとは、一体自分たちを何様だと思っているのだろう。文科省側が何と言い訳をしようと、自民党議員の問い合わせに応じて質問状を出したことは明らかである。文科省が嘘をついてでも議員を守らなければならない理由は何なんだろう。

  官僚の劣化は、もはや目を覆うばかり。自民党議員に言われれば何でもやる、という風に成り下がってしまったようである。相手が誰であろうと、駄目なものは駄目、と言える官僚はいなくなってしまったのだろう。森友問題も同じような構図だ。政権与党に言われれば、法を犯してでも文書の書き換えをしてしまう。そして、公になると、嘘をついてでも政権与党を守ろうとする。

  与党議員の劣化も酷いものである。国会での質問時間をあれだけごり押しして増やした与党議員の質問もどきは目を覆うばかりである。安倍首相のよいしょ演説やら、官僚攻撃やら、自説の展開など、肝心な政府側への質問はほとんど聞けなかった。質問力の無さというより、安倍さん、麻生さん、菅さんへの忠誠度のアピールの場と心得ているようである。こんな議員の質問は要らないし、単に野党の質問時間を減らすことを目的としていた、ということが明らかになった。

  今や官僚は完全に政権与党の顔色を窺って仕事をし、本来の自分たちの仕事である国民に向かっての仕事、をしているわけではなくなった。官僚が強くなればいいということではないが、政治家が劣化してしまっている現在、その劣化した政治家に官僚が迎合していては、ますます日本という国の劣化が止まらない。

  官僚の専横も困ったものだが、政権与党の専横は最もあってはならないことである。好き勝手をしている安倍政権がいつまで続くか。それによって日本の劣化がどこまで進むか。どこかで立て直せるのだろうか。