自分の言葉に責任を持たない安倍首相

  知識も知恵も持っていないが、権力だけは手にしている現安倍首相が、その権力を縦横に振るってやりたい放題をやっている。政治家として最も大切だと思う言葉。その発する言葉に全く責任を持たない安倍さんは、相変わらず自分に都合の良いことは雄弁に語り、都合が悪くなると逃げ回る。手に入れた権力を利用して、自分にかかった疑惑を押さえつけ、無かったことにしようとしている。

  数々の疑惑が発覚すると、国会の場では、当初は真っ向から否定し、証拠となる筈の文書等は、破棄した、とかどこにも証拠はないとか居丈高に言う。国会を離れると、真摯に説明するとか自分の手で膿を出し切る、とか格好いいことを言う。しかしながら裏付けるような文書が出てくると、途端に、その件についてはコメントを控える、とか言って、逃げを打つ姿勢に転じる。全く子供みたいな自分勝手さである。

  現在、国会は野党の審議拒否で変則的な状態で開かれている。自民、公明の与党と準与党の維新は審議拒否をしている野党を非難しているが、何故そんな事態になっているのかを考えてみれば、責任は与党の側にあることは明らかである。公文書は隠す、改竄する。たまに出してくる文書は黒塗りの海苔弁。質問にはまともに答えない。答えても後で訂正する。そんな状態になっても誰も責任をとらない。こんな状態で国会審議をして政府与党の答弁の何を信用しろというのか。やはり何らかのけじめは必要だと思うのだが。

  こんな状態の中でも安倍さんは、信なくば立たず、とか言っている。そんな無責任な言葉を言っている暇があったら、一度でも実行してみたらどうなのか。言ったことに責任を持たないで、きれいごとの言葉だけ並べるなら、今どきの中学生でももっと気が利いたことを言うのではないか。

  自分の発した言葉に責任を持たないのは安倍さんだけではないようだ。安倍さんのお友達と言われる人々は、言葉に責任を持たない、という共通点を持っているようだ。甘利さん、下村さん、あなた方の疑惑について、後で説明すると言ったきり、その後音沙汰無しはどういうことなのか。そんなことまで安倍さんの真似をすることはないだろう。