空疎な国会にした政府自民党

  安倍自民党は一体政党なのだろうか。それとも、安倍晋三個人支援団体なのだろうか。森友・加計問題での安倍さんの関与は、各種の状況証拠が出てきて最早否定できないところに来ている。それを政府自民党を挙げて疑惑潰しをしている。これだけの疑惑の状況証拠があるのだから、反証を挙げれば良いものを、文書廃棄や口封じなどで、そもそも疑惑は存在しない、ということで突破しようとしている。

  野党が要求している柳瀬元首相秘書官の証人喚問を与党は拒否している。疑惑解明というなら当然了承だろう、と思ったが、何故か拒否。参考人としてなら良いという。証人喚問なら虚偽の応答は偽証罪に問われる。これは国会で虚偽の応答をすることが前提なのだろう。それを裏付けるかのように、記憶をたどる限り愛媛県今治市の職員とは会っていない、と言っていた柳瀬さんが、加計学園関係者とは首相官邸で面会したことを認める方向で調整している、と報道されている。

  人の記憶まで調整する、というのには恐れ入った。こんな対応で安倍さんの言う膿を出し切るなんて、もう笑うしかない。こんな浮世離れした言葉遊びにうつつを抜かして税金の無駄遣いをされては、ただただ迷惑なだけ。野党の審議拒否を批判しているが、今の状況で審議したところで、答弁を求めても虚偽答弁や答弁拒否、資料の提出を求めても改竄文書やのり弁文書。今の国会の状況を改善しなければ、まともな審議は期待できない。

  そんな状況下、野党は参考人招致で折合いをつけて、審議拒否を解き、国会審議が再開されることになった。再開されてもこんな状況が変わるわけではない。審議についても、与党が重要法案とする各法案審議が遅れていて、相変わらずの強権的な議事進行で、内容より今国会での成立を優先させることになるだろう。実質的な内容のある議論は期待できない。日本という国は何とつまらない国になってしまったのか。