日本が壊される

  安倍晋三麻生太郎という、恥じることを知らない政治屋が日本の総理、副総理(兼財務大臣)となって、日本を駄目な国へと先導している。

  今の日本の惨状は、森友加計問題を表面化して以来、1年以上国会ではまともに真相を解明しようともせず、無かったことにしようと実質的な審議を拒否してきた。そして、疑惑解明を進展させないまま時間だけを経過させて、国民の国家の疑惑に対する感覚を麻痺させ、少々の不祥事などその程度か、と思わせようとしてきた。更に、次から次へと国政上の不祥事が出てきては、誰の責任を問うわけでもなく、ただ淡々とそのまま流していく、という作業を繰り返している。国民の間でも、またか、という感じになって、不祥事に対する感覚がますますおかしくなってきているのではないか。

  国会での圧倒的多数を背景に、自分のやりたいことを、やりたいようにやる。邪魔はさせない。どう見ても屁理屈、どう見ても無理筋、それは禁じ手だろう、何でそうなるの、といったことが頻発し、まともな議事が成立しない状態になっている感じがする。

  疑惑が発生した時の国会、政府与党の対応が如何に異常かは民間企業の場合と比べてみれば、一目瞭然だろう。いちいち例を挙げるまでもない。こんなとんでもないことを積み上げ、国会なんてどうでも良い。時間が経てば次のおかしな事例が出てきて、前のおかしなことを忘れさせてくれるさ、なんてことを考えているのだろう。

  こんな政界の動向は、一般社会にも反映されていく。上位者が力を使っても許されるだろうと、異常事態がぼちぼち出始めてきている。勿論それを許すわけにはいかないが、社会の風潮として、そんな空気が醸し出されること自体、異常なことである。

  集団の中で、力のある者が無理に一方向に引っ張っていこうとすれば、それに反対する者が出てくる。正常な社会では、そうした綱引きが起こる筈である。そこに話し合いが生まれ、修正されていくことになる。今の政府、自民党の中にそうした動きは見られない。数人の反対意見は出るが、広がりは見られない。最早、自民党に自浄作用を期待するのは無理のようだ。与党の一角の公明党は下駄の雪。自民党に利用されるためにだけあるような党に成り下がってしまった。このまま日本が壊されても、責任は安倍さん、麻生さんだけではなく、自民、公明両党も共同正犯としての立場にあることを忘れないでほしい。

  ただ自分の為にだけ権力を使い政治の真似事をしている政治屋に、これ以上この国を壊されたくない。