森友問題の行く末は?

  森友問題・加計問題という二つのスキャンダルに塗れた安倍首相。

  森友問題は、安倍さんを庇おうと官僚が公文書の改竄や隠匿をし、国会答弁では関連文書の廃棄を言い続けてきた。それによって国会が1年以上に亘って不毛の時間を費やしたのである。大量の公文書の改竄や廃棄という、そのことだけでも政治史に残るような一大汚点である。当事者による甘い調査でも相当の事実が出てきた。刑事罰には該当しないようだが、これだけの悪事を働いても、一部の官僚がやったことで、組織的なことではない、として、当該官僚は何らかの処分をするという。しかし、所管大臣である麻生さんは辞任する気はない、と言い切っている。この人の責任感の無さは今に始まったことではないが、それを容認している安倍さんも全く責任感は持ち合わせていないようだ。

  これだけ大量の文書の改竄や隠匿を一官僚の判断で行うとはとても考えられない。相当大きな力が働いた、と考えるのが自然だろう。国会で追及されそうになって、安倍さんの、拙いから何とかしたい、というような一言から端を発し、側近政治家から、それこそトリクルダウンで官僚下部にまで意向がいきわたり、こんな一大事件になってしまったのではないか。

  森友問題の、改竄前の文書や廃棄したと言っていた文書が大量に出てきた。その中に安倍さんに不都合な事実が具体的に書かれていることが明るみに。しかし、またしても核心部分と思われる部分だけが都合よく見つからないとし、再調査すると言っている。この期に及んでもまだ隠そうとする官僚の心中はどうなっているのか。一方。安倍さんはこの文書の記述も真っ向から否定している。具体的文書に対し、反証できる材料があるわけではなく、ただ文章の書きぶりから、指示したとは書いていないなど、関与は認められない、というのみである。それで押し切ろうとしている。

  安倍さんはよく証拠を出せと言う。証拠は出てきた。後は安倍さん、あなたが、違うと言う証拠を出す番だ。