いつまで続く無責任内閣

  安倍首相は麻生財務大臣の解任を否定。麻生さん自身も続投を主張。森友スキャンダルで、もう各種証拠から詰んでいる筈の安倍さんは数の論理で強引に逃げ切りを図っている。更に、近代政治史に残るような大掛かりな財務省の公文書の改ざんは、一部官僚が勝手にやったことであり、組織的なものではない、と勝手に結論付けてしまった。組織的ではないから、勝手にやった官僚の処分はするものの、組織のトップである麻生さんは関係ない、という理屈をつけたのだろう。

  安倍さんは、今秋の自民党総裁選を控え、麻生さんの支持は不可欠で、ここで辞任させるわけにはいかない。麻生さんは自分が切られる筈はないと分かっているから、自分から辞めるようなことはない。しかし、この事件は、全て麻生さんの任期中の出来事なのである。百歩譲って、組織的ではなかったとして、これらの官僚を任命したのは麻生さん自身である。任命権者としての任命責任はどうなっているのか。また、任命責任を除いても、組織内の不祥事に対して、組織のトップとしての責任を感じないという感覚は、何なんだろう。

  こんな麻生さんを任命した安倍さんにも当然任命責任がある。任命責任を除いても、国権の最高機関たる国会に対し、嘘のつき放題をしてきたのだから、行政のトップとしての政治責任は計り知れない。総理大臣を辞めるだけでなく、政治家を辞めるほどの事件である。そんな一大不祥事に対しても何の責任も感じないとは。

  安倍さんは口先では申し訳ないとか、責任を感じている、とかいうが、この人はいつも批判をかわすために口先で謝っておこう、である。そしてそれで済ましてきた。安倍さんの言葉の軽さは謝罪だけではなく、国会等でも常態化しているので、ただ白々しいだけである。今回の事件は上辺だけ口先で謝れば済む、というような次元の話ではない。どう責任を取るのか、責任の取り方を問われている。通常の感覚なら総理大臣は続けられないだろう。しかし、恥じることを知らない安倍さんにとっては、恥ずかしげもなく知らん顔をするのだろう。

  日本の政治を揺るがすような、民主主義の破壊に繋がるような犯罪的行為が行われたにもかかわらず、一部官僚が、と平然としていられるこの感覚は、安倍さん麻生さんという恥じることを知らない権力の座にある二人にしか分からないだろう。最早組織のトップの資質など、かけらもない。いつまでこんな二人が日本の政治を牛耳るのだろうか。

  最悪なのは、こんな二人の言いなりになっている自民党である。自身の保身の為なのか、自民党の中でこんな二人に異を唱えようという議員は僅かである。ほとんどは二人を正当化し、支持を表明している。国会議員として政治家として恥ずかしくないのか、と聞いてみたい。恥じることを捨ててしまったら、国会議員どころか、人間としての価値まで疑われる。保身に走るのでなく、普通の感覚を取り戻して、もう一度よく考えて欲しいと思う。