災害対策にどう向き合うのか

  西日本を中心に、広域豪雨で甚大な被害が出ている。これまでの集中豪雨でも大きな被害が出ていたが、今回の豪雨による被害は、これまでとは比較にならない程大きな被害になってしまっているようだ。毎年のように繰り返される集中豪雨や台風による被害。近頃の異常気象が常態化している状況からは、今回のような自然災害も決して珍しい事では無くなるのかもしれない。それに対する対策はどうなっているのだろうか。

  国民の生命と財産を守るために最善を尽くす、と事あるごとに言う安倍首相。今回の事態をどう感じるのだろうか。いつものように、復旧に政府を挙げて全力で取り組む、というような第三者的なコメントで終わりにするつもりなのだろうか。一段落したら被災地を視察とか言って、一応それなりの格好をして、大勢引き連れて、避難所にちょっと顔を出し、被災地を大名行列の如く、練り歩くのだろうか。それが首相としての対応というなら、それは違うだろう。

  国民の生命と財産を守れなかったことに対するお詫びの言葉が先ずあってしかるべきだろう。その後で、復旧と被災者の支援に国を挙げて取り組む決意を述べるのだろう。これほどの事態になってしまったら、県や市町村レベルでの復旧支援は無理、ましてや、個人の財産だから個人で、というようなことでは復旧は不可能だろう。全面的に国が関わるしかないと思うが、どうするのだろう。

  国を預かる身として安倍さんは、自然災害に対して今後どうするか、治山治水など、各種自然災害の防災対策をどうやって進めるか、語るべきだろう。早急に実効性のある対策が出せるような、結論ありきの仲間内でなく、真の幅広い有識者を集め、継続的に検討するような会議なりを立ち上げて、真剣に検討して欲しいものである。もう地方自治体主導ではなく、国が先頭に立って防災計画を立て、実行する段階に来ているのではないか。

  予算にしても、今まで治山治水、自然災害対策に幾ら使って来たか知らないが、国民の生命と財産を守るためと、防衛関係では戦闘機など各種の装備購入に、数百億円、数千億円単位で使われている。同じように国民の生命と財産を守るためなのだから、国が主導して毎年、数百億円、数千億円規模の国家予算を確保し、治山治水、自然災害の防災対策に使うのも当然のことだろう。

  安倍さんは地球儀を俯瞰する外交、とか言って多くの国に行っている。しかし、その外交の中身が経済援助のばら撒きでは、何のための外国訪問なのかわからない。河野外相も安倍さんを真似てか、もっといろんな国に行きたいとか言っているが、二人で外国に経済援助をばら撒くほど日本には余裕は無い筈である。この度の豪雨災害のような大きな自然災害の防災対策の様に、もっと国内にお金を必要としていることがたくさんあるのだ。予算が無いからできない、というのは言い訳に過ぎない。待ったなしで手を打って、今後はこのような自然災害が起きないような対策を切望するものである。