安倍首相により民主主義が壊される

  国会を軽視どころか全く無視し始めた安倍さんは、この先何を目指しているのだろうか。今や何をやってもやり放題。国会を使えば、自分の好き勝手に法律さえも作ってしまう。官僚は安倍さんの発言に合うように勝手に公文書を書き替えてしまう。安倍さんもそれが当然のことと、何事もなかったように涼しい顔でやり過ごす。

  内閣は主要ポストは阿部さんのお友達で固め、閣内で異論が出ないようにしている。自民党内も、大臣に限らず、副大臣政務官などの内閣のポストを餌に、安倍さんに逆らえば冷や飯と脅しをかけられ、異論を抑え込まれている。

  自民党が国会で多数を頼んで乱暴狼藉を働いても、それを咎める勢力は少数の野党のみである。それはいくらなんでもおかしいのでは、という声が自民党の中からは出てこない。安倍一強というより安倍私党に成り下がった自民党は、最早政党の体を成していないという状況だろう。

  今国会の悲惨な状況を見れば、如何に与党とはいえ、自民党の中から、これではまともな民主主義の政治とは言えない。もっとまともな国会にしなければ、国民との乖離が大きくなるばかりだ、という声が出てこないのだろうか。石破議員が時折批判的なことは言うが、広がりを見せることはない。また、小泉進次郎議員が「国会改革」案を出したが、意見の取りまとめに苦労したのか、どこか腰が引けた感じのものになってしまった。

  何と言っても安倍さん自身が意識を替えなければ、国会は荒廃するばかりである。国会とはどういう場なのか、安倍さんには真剣に考えてもらわなければならない。国会は言論の府であり、国権の最高機関なのである。

  ちゃんと議論をするという基本的なことが出来ないなら、総理大臣どころか国会議員の資格はない。議論をしようと思えばそれなりに研究しなければならない。それをしないから、国会で質問を受けてもまともに答えられない。答えられないから、答えを逸らしたり、自説を展開したり、質問時間を何とか潰そうとそちらに精力を注ぐことになる。

  安倍さんが、国会審議は自分の言い分を通すための単なる手続きであり、本質的な議論など必要ない、という考えを改め、きちんと議論をし、改めるべき部分は改めよう、という考えにならない限り、国会はこの先も荒れ放題となるだろう。可能性は限りなくゼロに近いが、そうでもしない限り日本から民主主義は消えてしまうだろう。

  それと同時に、自民党の執行部には、国会内での安倍さんの横暴を手助けするのではなく、行政をきちんと監視する、という使命を十分に認識してもらわなければならない。今のままでは単なる安倍私党に過ぎない。政党としての機能を発揮できなければ、その存在は議会制民主主義の邪魔になるだけである。

  先の国会の森友加計問題で、国会が官僚の嘘や方便に翻弄され、虚偽の文書に基づいて国会審議をさせられていたにもかかわらず、自民党はそれらの調査をするどころか、調査をさせない方向に動いて、結局何があったのかも分からないまま。政治家は我関せずと知らん顔、一部官僚の軽い処分だけで済ませてしまった。国会がこれ程馬鹿にされても、国会議員は怒るどころか、この始末。官僚も政権の指示で嘘や方便を言っていたのではないかと思わせる所業である。国会を無視し安倍さん擁護に回る。これでは正常な民主主義の政治は行われようがない。