これが安倍政治か

  この夏に参議院議員選挙が行われる。これに合わせて衆議院を解散し、衆参同日選挙にしようとする動きがあるという。これには安倍首相の意志が入っていると思われる。先の萩生田幹事長代行の発言にあるように、10月に実施予定の消費税増税を先送りしたい安倍さんが、前回の増税延期時のように増税延期の是非を国民に問う、という勝手な理屈で衆議院を解散するのではないか、というものである。

  消費税の増税は当然のことながら国民受けは良くない。更に、増税による経済の大幅な落ち込みも心配の種なのだろう。アベノミクスによって経済は好調に推移している、としている安倍さんにとって、経済指標の数字が落ち込むというのは、支持率に悪影響を及ぼし何とか避けたい。

  ここに安倍政治の特徴がある。安倍さんはアベノミクスによる好調な経済指標で高い支持率を得ている。高い支持率に拠って何としても衆参両院で3分の2の議席を維持し憲法改正に持っていきたい、というのが安倍政治である。これは国家国民為の政治ではなく、安倍さんと安倍さんの祖父の夢実現の為の政治になってしまっている。

  自分に有利と思えば使えるものは何でも使うが、不利だと思えば将来的にやっておかなければならないことでもやらない。目先自分にとって有利かどうかが政策決定の判断なので、将来像を持たない安倍さんは国民に国の将来像を語ることが出来ない。美しい国とか言っているが、その具体的中身はない。

  将来に向けて取り組まなければならない諸問題を避けていて日本がどうなるのか。美しい国などと観念的な綺麗ごとを言っている場合ではない。アベノミクスとか言って超低金利と財政ファイナンスの為に日銀に大量の国債を購入させ、証券市場では大量の株式やJリートを購入させている。

  安倍さんは日銀の判断だというだろうが、首相就任当初には日銀法改正までちらつかせて大幅な金融緩和を迫り、更に総裁を自分の言うことを聞く財務省財務官だった黒田さんに交代させた。その後も政策委員の任期満了交代期毎に自分の意に沿う委員に差し替えてきた。正に安倍さんの政策実行部隊そのものである。

  日銀が保有する大量の国債、株式、Jリートをどうするのか。日銀が売りに出したりしたら、これ等は暴落間違いなしだろう。売らないまでも、購入を止めるとアナウンスしただけでも市場は混乱するだろう。

  また、安倍さんが使い放題の国家予算。入るを量って出るを制す、が財政の基本と思うが、財政には全く頓着無しである。安倍さんはアベノミクスで大幅に税収が増えたと胸を張るが、赤字国債への依存体質は変わっていない。税収が増えてもその分を国の内外の歓心を買う為に使ってしまっては何の為の税収増なのか。財政再建の為の消費税増税も国民受けが悪いと延期を繰り返し、本気で財政再建しようという姿は見えない。現在のGDPの2倍にも及ぶ莫大な日本国の累積債務をどうするつもりなのか。将来につけ回ししておけばいいは許されない。

  地道な努力よりぱっと見の良い政策を打ち出し、やってます感を出して支持率維持を目指すのも特徴。毎年のようにスローガンを出してきたが、それが実行されたという検証はしてこなかった。さすがにもう続けられないと分かったか、本来、増加する社会保障の安定財源確保を目的に増税する筈であったが、その一部を財源として子育て支援で幼児教育の無償化、低所得者向けに高等教育無償化を打ち出した。

  消費税増税の目的をすり替え、国民受けすると思った政策を新規に実施しようというのだろう。だがちょっと待って。質より優先させた幼児教育の無償化の前に待機児童対策はどうなったのか。待機児童対策も同時に行うというが、その本気度も疑わしい。既に待機児童対策の2017年度末目標の待機児童ゼロは達成できず、2020年度末まで延期されている。これも達成できるかどうか。

  地道な努力でやり遂げる政策より、実効性よりすぐ実行できる受け狙いの政策を優先させる。高等教育無償化より、現行の実質学生ローンではないかと言われる奨学生の奨学金負債の問題をどうするのか。ここにも見た目が大事な政策が出てくる。

  安倍さんは実質的に国家国民の為に何をしてきたのだろうか。都合の良い部分はどんどん取り込み、都合の悪い部分は将来負担へ。自分が政権を担っているときは良いが、その後は知らん顔。ツケを負わされる将来世代の負担はどんどん膨らんでいる。こんな自分勝手な政治家は単なる政治屋に過ぎない。早く政治から身を引いてもらわないと、やがて日本沈没となってしまいそう。