日本って一体何なんだ

  何としてもトランプ米大統領を新天皇国賓第一号にしたかった安倍首相。天皇陛下即位はスーパーボールの100倍の行事だ、と説得してトランプ大統領来日を実現させた。安倍さんの天皇陛下即位に関する政治利用は、改元の日の設定に始まって以降ここで前半のピークに持っていこうということか。

  そもそも天皇陛下即位とスーパーボールを比較すること自体おかしいだろう。そこまでして安倍さんはトランプさんとの緊密2ショットを国内にアピールし、自身の支持拡大に利用したいということなのだろうか。

  更に、トランプさんを大相撲夏場所の千秋楽に招待し、観戦2ショットをテレビで大々的に流すのだろう。最大限のテレビ露出である。取組み終了後には優勝力士にトランプさんが何らかのトロフィーを授与するという。まさか、そこに安倍さんが付き添うことはないとは思うが。

  だがここにも問題が。トランプさん側はマス席にイスを置いての観戦を希望しているという。これを受けてか、日本相撲協会夏場所千秋楽の1階正面マス席全席を確保していて、現在のところ千秋楽の1階正面マス席は販売されていないという。トランプ夫妻やシークレットサービス米大統領警護隊)など警備関係者の為に席を用意する必要があるため、それに充てるのだろう。

  トランプさん側は幕内の後半数番だけを観戦する予定という。そのため、幕内前半ごろまでは管内あちこちに監視の目をひからせながら、正面マス席の一角は空席のまま進行し、その後警備担当者らが周辺を取り囲んだうえ、更に場内監視を徹底するのだろう。そんな異様なムードの中で、常連さんや相撲愛好家を締めだして進行の大相撲。

  大相撲の伝統も格式も秩序もあったものではない。安倍官邸はトランプさんの為なら何でもする、という姿勢を明確にした。絵にかいたようなポチ外交。そこまで媚びを売らなきゃならないんですか、安倍さん。 日本人として情けないこと甚だしい。もう何をかいわんやである。